2011年01月05日

低炭水化物ダイエットとは

低炭水化物ダイエットでダイエットに取り組もうとする人が増えています。

毎日の食事から炭水化物の量を減らし、たんぱく質や脂質をメインの食事を取るというものが低炭水化物ダイエットです。
肉類やたんぱく質を好んで食べる人には、低炭水化物ダイエットは望ましい方法かもしれません。

このダイエット法は、循環器系開業医であるロバート博士が考案した糖尿病食をアレンジしたもので、今ではさまざまなダイエット法に分かれて広まっているそうです。

低炭水化物ダイエットの生まれたアメリカでは多くの人がこのダイエットを実行に移しており、アイスクリームやサンドイッチの売り上げに関わってくるというほど低炭水化物ダイエットは人々に受け入れられています。

ファーストフードやファミレスでは、低炭水化物ダイエット実践者でも食べることのできる商品を開発しなければならなかったほどです。

体に必要なブドウ糖を作るために、食べ物に含まれていた炭水化物はアミラーゼという消化酵素で分解されます。

低炭水化物ダイエットでは炭水化物の摂取量を抑えることで、消費しきれなかったカロリーが脂肪という形で蓄積され体脂肪の源となるという作用を抑止しようとしています。

アイスクリームやお菓子など、甘い嗜好品をダイエットのために控えるのは良いでしょう。
ですが、日本食の中で炭水化物というと、真っ先に連想されるものは白米です。

日本での炭水化物抜きというと、真っ先に思いつくのが主食抜きの食事のようです。
炭水化物を食べないというだけでは、ダイエットは決して成功しないのです。

ケアマネージャーの勉強方法
がんの症状と治療費用
posted by ゆきひめ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット・美肌美容関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。