2010年10月25日

カプサイシンサプリメントとは

カプサイシンの成分が含まれたサプリメントが人気のようです。
人気のサプリメントに含まれるカプサイシンとはどのような成分なのでしょうか。

唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシンというのは、内臓感覚神経に、体内に吸収されると脳に運ばれて働きかけるものです。

カプサイシンは、副腎からアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗および強心作用を促します。

カプサイシンは浴びると皮膚や粘膜がヒリヒリとした痛みを感じたり、咳や涙が止まらなくなったりするので、催涙スプレーにも成分の一部として含まれているといいます。

唐辛子の中でも辛味の強い種類になるほど、カプサイシンが多く含まれています。

一般にタカノツメは、辛味が強いとされているようです。
塩分減少効果も、唐辛子を料理に上手に使うことにより、期待できるでしょう。

唐辛子はナス科の植物で、大別すると甘味種と辛味種に分けられます。
甘味種はピーマンで、特に細長い形のものはししとうと呼ばれています。

つまり、唐辛子もピーマンもししとうも皆仲間ということです。
スリムな韓国女性が多い理由は、カプサイシンだというとを知っている人もいるかもしれません。

カプサイシンは一番メジャーなダイエットサプリメントだといえるでしょう。
カプサイシン摂取により、有酸素運動をすることで分泌するアドレナリンは多くなります。

実際にカプサイシンサプリメントを摂りいれることで、効率よく脂肪燃焼に運動を結びつけることができます。

共役リノール酸サプリメントやカルニチンサプリメントをカプサイシンと一緒に摂取することも、アドレナリンを脂肪燃焼に導くためには、おすすめのサプリメントの活用の仕方です。

アドセンスで稼ぐ
ブログサービス
posted by ゆきひめ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット・美肌美容関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。